ICO情報:MOOVER モバイルデータ通信のシェアリング

ニュース

ICO情報:MOOVER モバイルデータ通信のシェアリング
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

MOOVERとは

デジタルデータ通信のシェアを実現させるプラット・フォームです

シェアリング・エコノミー

使わない車の貸し借りをする「Uber」
空いた家の貸し借りをする「Airbnb」
これらは今となってはよく知られた「シェアリング・エコノミー」です
これと同じことをやろうとしているのが「MOOVER」です

シェアリング・エコノミーは次の理由から今後は大きく広がっていくと予測されています。

持て余した資産をマネタイズ(収益化)できる

購入する よりも安く利用ことができる

無駄な資源を抑える 事ができる

何故モバイルデータ通信をシェアするのか?

2017年、世界中で月に110億GBが使われているそうです。
しかし月に27.5GB分のデータ通信は使われず、捨てられているそうです。
これはそのままデータ通信会社の儲けともいえます。

これからの5年間でモバイルデータ通信量は4~5倍にまで膨らむことが予測されています。

それに伴って、このままだと捨てられるデータ通信量も増える一方です。
そこに目をつけたのがMOOVERです。

膨大なデータ通信量が捨てられる一方で、データ通信を必要としている人達が、発展途上国を中心にたくさんいるのです。


誰が余剰GBを必要としているのか?

発展途上国ではインフラ整備が遅れているため固定電話の普及は先進国と比べて相当低いようです。

固定電話のインフラ整備には膨大な費用がかかるためです。しかし、モバイルデータ通信であればアンテナを設置すれば通信が出来るので、固定電話より普及しやすくなります。

この様な理由から、これから発展途上国ではモバイルデータ通信が爆発的に広がっていくと予測されています。

ところが・・・

発展途上国では人々の収入が低くなっています。
例えば、エチオピアの平均月収は250ドル

これに対し、データ通信費はもっとも安く見積もっても1GBあたり7ドル

これでは、仮に月に5GB使うと使用料金は月に35ドルとなり、月収の14%をも占めてしまいます。

だからMOOVERが必要です

MOOVERはモバイルデータを「トークン」でやりとりできるようにします。

もっと簡単に言うと、モバイルデータをトークンに置き換えて、売り買いが出来るようにするのです。

では、なぜトークンを使うのか?

それは、「ブロックチェーン」の技術が必要だからです。その理由は次の2つです。

①スケーラビリティ
世界中で行われる膨大な量の通話を処理するためには、ブロックチェーンの「分散型トランザクション」でなければ対応できないためです。

②情報セキュリティ
電話通信は個人と個人を結ぶため「個人情報」を扱います。なので強固は情報セキュリティ技術が必要です。まさにブロックチェーンでなければ出来ません。

MOOVERトークンの取得方法

MOOVERは「MOVE」というトークンを発行します。

MOVEは、MOOVERを開発するための資金集めを目的に発行されます。

そして開発が完了するとモバイルデータの売り買いに使われます。このトークンの需要が増えれば当然トークン価格も高騰します。

トークンはICOで取得することが出来ます。ただし開発側はICOとは呼ばずに、「コントリビュート」と読んでいます。出資してくれる方が開発に貢献(contribute)するという意味です。

コントリビューション(ICO)はフェース1~3の3段階ある

コントリビューションは「フェース1~3」まであります。

フェース1はすでに2017年12月1日から始まっています。

フェーズ1から参加すると、最終的にエアードロップと言って、ボーナスを25%追加で得ることが出来ます。

2017年12月1日よりトークンセール開始↓

  

◆お問合せ・友達登録はこちらから

友だち追加

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録