COMSAプレセール 世界初!日本生まれ!資金調達のための仮想通貨

ニュース

COMSAプレセール  世界初!日本生まれ!資金調達のための仮想通貨
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

COMSAとは

COMSAとは、日本生まれの革命的な資金調達を支援するためのプラットフォームです。

現在、上場前の企業や事業家が新しく事業をはじめるときには株式を発行して資金を調達するのが主流です。これをIPOと呼びます。

IPO:Initial Public Offering

これに対し暗号通貨のブロックチェーンの技術を使って資金調達をするのがICOです。

ICO:Initial Coin Offering

ICOによる資金調達マーケット

ICOによる資金調達は凄まじい勢いで拡大しています。
2018年には年間約50億$、約6000億円がICOによる資金調達との予測があります。
COMSAによる資金調達は1億$(約110億円)以上を目標としています。

COMSAの開発者は誰か

COMSAは日本の企業、テックビューロ社によって開発が進められています。
テックビューロ社は、暗号通貨取引所「Zaif」を運営している会社です。

最高経営責任者の「朝山貴生」氏は、
『ブロックチェーンの衝撃』という本の執筆者の一人で、ブロックチェーン技術の第一人者でもあります。

COMSAの開発パートナー

COMSAの開発には下記のような日本におけるITと金融業界における先駆的な企業が参加しています。
◆日本テクノロジーベンチャーパートナーズ
◆インフォテリア株式会社
◆株式会社フィスコ
◆株式会社カイカ
◆アララ株式会社

COMSAプラットフォームとは

COMSAプラットフォームでは、「CMS」という「トークン(後述)とよばれる暗号通貨」を使って、リアルな世界から円やドルなどの「通貨資金」を調達します。

またブロックチェーンの技術を使うことで、
・強固なセキュリティー
・低コスト
・安定しトランザクション(勘定処理)

が実現されます。

COMSAを使ったゲーム開発の一例

例えばゲーム開発メーカーが、「Aコイン」という名でトークンを発行し資金を集めます。「Aコイン」はゲームでカードに交換したり、価格が上昇した場合には取引所で換金することも出来ます。

トークンとは

トークンとは特定のプラットフォーム(システム、アプリ)上で使える暗号通貨です。
ビットコインは世界共通に使えるので「パブリック通貨」とも呼ばれますが、これに対し、トークンは特定のプラットフォームでのみ使うことができるので「プライベート通貨」と呼ばれます。
もっと簡単に言えば、「遊園地の周遊券」の様なものと理解して下さい。

'mijin(ミジン)’というブロックチェーン技術

mijinというのは、COMSAで使われるブロックチェーンの名前です。
mijinは円や$などのリアルな通貨とNEM、イーサリアム、ビットコインなどの暗号通貨、そして取引情報をつなぎ暗号化して記録する技術です。

このmijinオープン・ソースとなっていて誰でもmijinをつかってアプリケーションの開発をすることができるので、CMSトークンの需要増加に影響すると予測できます。

mijin YouTube

COMSA/mijin の社会的インパクト

COMSA、mijinは暗号通貨、ブロックチェーンが市場に与えると予想されていた衝撃をまさに具体化しようとしています。

時代はまさにこれから大きく変わります。

COMSAでのICO実施予定企業

早くもすでに大手企業2社がCOMSAによるICOつまり資金調達が予定されています。

COMSAトークン・プレセールの購入予約方法

下記からCOMSAトークンのプレセール予約のためのURLをお申込み下さい。

LINE@メンバー登録。
暗号通貨に関する情報を提供しています。
ご質問、ご相談もこちらから。

友だち追加

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ